多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

アイスが美味しいから食べて今日も生きる

 私も生物である以上、生まれてから死ぬまで一日も避けてはならないことがある。食事だ。

 私というより、人類誕生から永遠と続く課題である。未来永劫、そうだろう。もしかしたら、数千年後には、体内に葉緑体を移植することで、光合成すれば食事が不要になっているかもしれないが。知らんけど。

 食事は楽しいこともある。美味しいものは美味しいし、美味しいもの食べると嬉しいし。

 しかし、毎日、空腹になる度にしなければならないというのはさすがに面倒くさい。

 いや、生命維持に必要だというのは分かる。生命活動をしている以上、仕方がない。でも、面倒なものは面倒である。

 食事は無から生まれるわけではないので、準備する必要がある。金やら手間やらがかかってしまう。外出できない体調、精神の時もそのために外出の義務が発生してしまう。無職だろうが、精神が壊れていようが、例外なく。

 活動を最小限にすれば食事量が減るとも思うが、あまりそう思えない。歩き回ろうが、ぼーっとしえいようが、時間が経つと空腹になってしまう。

 何よりも問題であるのは、空腹だと眠れないということだ。普通なら眠れそうな体の感じでも、空腹だと全然眠れない。仕方ないので、歯も磨いたのに、何かしら食べないといけない。こういう時は自転車で5分くらいの場所に松屋があってよかったな、と思う。お菓子とかだと解消されないので、ご飯類をしっかり取らないといけない。

 こんなことばかり言っているが、史上、人類で食事を最も楽に食べれる国、時代に生きてもいる。ほぼ全ての人類から、あほかと言われそうだ。多くの生命は生命維持に文字通り生命をかけているわけで。いや、でも私もそうだったぞ。生命維持が命がけである。ただ、食事を得る方法が(金さえあれば)人類史上最も楽かもしれない。初めてそんなこと意識したな...。

 なんか否定ばっかりしているが、毎日義務であるということが面倒である。というだけで、料理を作るのが楽しい時もあるし、美味しくて好きなものを食べると幸福である。料理をすると割と精神が良い方向に行くことが多い気もする。まあ、そういう気分の時しか料理しないだけかもしれないが。

 外食も楽しい。会社員だった時の唯一の楽しみは帰りにどこで何を食べるか、ということだった。仕事を終えた解放感に満たされて食べる食事は2割増しくらいで美味しい。まあ、金がかかるのであまりしなくなったが...。

 食べたいものがあるときはそれを食べて、そうでない時はカロリーと栄養を必要分摂取出来る完全食を食べるというようにしたい。

 完全食はいくつかあるけど、どれも高いし、すぐに空腹になりそうだよな...。空腹にはカロリーというよりも量のほうが必要なんだろうか。

 あと、食事はこうすべし、栄養を取るべし、野菜を取るべし、みたいなのも色々ある。どれが正しいのか全く分からないし、これほど状態が多岐で面倒くさいものもないだろう。だから、マルチビタミン・ミネラルを毎日飲んで「これで大丈夫だ」と思っている。思い込みの健康が1日20円で買えるなら安いものである。

 食事って結局はカロリーと栄養素の塊で、摂取方法、素材は何でもいいのだろうか。食事は義務や手段と考えず、機会と考えるか。そんなことも考えるのが面倒くさいので、今日もマルチビタミンを飲んでアイスを食べる。美味い。これでいい。