多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

揺蕩いながら

 相変わらず社会はゆらゆらしている。

 元々がジェットコースターに振り回されているような人生だ。だから社会全体がコーヒーカップにかき回されてているのを見ると、社会が私に追いついたと思う。勿論、追いつく暇も無いほどこちらは飛び回っているし、そいつのせいでこちらの加速も増す。迷惑なこった。ただ、元来ベンチで幸せそうにしていた連中が振り払われまいと必死なのは見てて面白い時もある。非常なのは同じだが、相対的には得。大体、こうですから。まあ、ロケットに乗らされて右往左往してる気の毒な人達もいるが...。無事に還ってくるか、さっさと途中で降りるかかな。

 さっさと事態が治まるか、いっそのこと人類滅亡してほしい。私の理想の死に方の一つとして、人類が全員死ぬというのがある。平等って言葉、みんな好きでしょ。

 歴史的瞬間にも立ち会えるわけだし。当事者になるのも好きでしょ。

 何も持たない人間は死が得である。失うものがない。何かを持つ人間は死によりそれを失う。先天的か後天的にか知らんが、失うのは怖い。惜しい。ならば何も持たなければいいのにとも思う。

 得ようとするのも失うのも疲れた。

 死は全てを平等にしてくれる。残るのは生と死があったという事実のみ。所詮は一生物の一個体であるのみ。

 今日も世界は揺れる。私もかき混ぜられる。ぐちゃぐちゃ。

26年生きました。

 今日で26年生きた。まあ、おめでたいことである。

 それにしても結構長く生きたものだな。26年も生きるとは全く思ってなかった。10代の頃、人生に夢も希望も目的も理由も全て失い、それどころか元々無いことに気づき、絶望して死にそうになった。が、まあそんなものは無くてもなんやかんや生きている。それを見つけようとしたり、探すよりも、諦めて開き直って、そんなものない方が楽だ。なくても生きれたわ。

 まあ、死ななければ、生きることが出来た学生の時とは違い、日本で住所を持って生命活動を行うためには金が必要である。生きようと思っても、生命維持が出来なければ死ぬ。まあ、生物なんで当然だ。生きるだけでは生きることが出来ない。

 それにしても25歳は長かった。去年の3月に会社行かなくなって、9月に辞めたんだけど、感覚的には5年くらい無職である。出来ることならそんだけ無職したい。

 1年働いて感覚5年無職なら得な感じだが、働いていた地獄の期間も5年くらいの長さ、辛さだった。もう、5年くらい前の気分だが...。だから、5年働いて5年無職してる感覚だ。それはそれで得か?2年とちょっと前まで大学生だったのが信じられない。

 無職といっても、精神が狂ったり、聴覚に異常が出たり、歯が痛すぎたりと並大抵ではない苦しみを味わっていたんだけど。気楽で自由な生活なら良かった。

 人生、OOしなきゃとかOOであるべしとか色々言われているけど、別に何もする必要ないし、何もしてなくてもそれでいいや、人生こんなものだと思えてくる。

 自分のその考え方だけは好きだし、このままでいたいなーと思う。

 別に生まれたくて生まれたわけじゃないし、生まれたから生きてるだけだ。それ以上でもそれ以下でもない。生きてるから生きてるだけだ。

 しかし、そろそろどこかに出かけたい...。切実に。

 会社行かなくなる前、このままだと来月には死ぬなと思って休職することにして、そのまま辞めた。実際、今でも生きてるし会社行かないという選択をして本当に良かったなと思う。会社辞めたことを後悔した瞬間は一度もないな。今の時勢の前に死んでおけば良かったという気持ちもあるにはあるが、それでも会社は辞めておく方がいい。

 死ぬことしか考えれなかったクソみたいな時期を死なずに乗り越えれたのは、「どうせあと2年以内には絶対に死ぬんだし、今死ぬ理由はないな」、「ほっとけば死ぬし、死ぬという行為を行うのも面倒くさい」という考えに至ったから。

 どうせ死ぬんだしという諦めは「もう死ぬしかない」という狭窄した視界を広げてくれたりする。O年後の誕生日に自殺すると決めてから、その計画を中心に置き、毎日を生きれるようになったというブログを読んだこともある。その人まだ生きてるんかな。

 この考え、結構有効な人もいると思うよ。

 そしてその2年後が近づいてるわけだけど、どうなるんですかね。もっと先送りしてえな。

 生きたくないと死にたいと生まれたくなかったは全部違うんだよな。現時点ではどれも当てはまらないかな。日によって変わるけど...。全部の日もあるし。

 

 そんな感じでまあ生きてきました。これからも生きていきます。そしてそのための金が欲しい。とりあえず今日におめでとう。

近況など+

 昨日書いた記事がマイナスのことしかなかったので、最近のプラスのこと、良かったことだけの内容も書いておこうかと。

 

 〇2月24日~27日 関東・沼津旅行 

 この時勢前の最後の遠出。伊丹→羽田→東京→岩船→小田原→江の島→鎌倉→藤沢→沼津→平塚→羽田→伊丹という旅程。長くなるし、楽しかったのでそのうち記事にしたい。

 

 〇3月19日AM1時~AM7時 深夜に兵庫県某所から大阪まで自転車で走った。淀川の橋から向かう際の、闇に聳える摩天楼の迫力は悍ましかった。異世界に侵入するようで。自転車で走るのは深夜に限る。

 

 〇ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは相変わらず面白すぎる。3周目を2月20日から始めたんだけど、まだ終わってない...(英傑の詩の途中)。本当にどんだけボリュームあるんだよ。まあ、精神と体力がクソザコだから一日の活動可能時間が短いからなんだけど。

 他のゲームももっとやりたい...。特にポケモンLet's goピカチュウ発売日に買ったのにまだ殿堂入りしてないんすよね。当時は会社員だったからやる暇なかった。悲しい。

 

 〇ニコニコ(の一部)が盛り上がってる。あかりんご可愛い。ニコニコ見始めたの2012年で、それ以前は知らないから、たべるんごのうたの派生で色々知れるのが面白い。

 まあデレステは半年前にスマホのゲームをスクフェス以外全部消して以来やってないんですけどね。あかりんごガチ勢すごいな...。

 

 〇桜と菜の花が綺麗。去年3月に会社行けなくなって死にかけてたのがマシになったのが、桜をゆっくりと見れたからというのがある。今年はゆっくり見れないし、人も多いけどそれでも桜は奇麗。

 昼見るよりも夜見る方が好き。真っ白で色気、生気が抜かれた白骨みたいだから。珊瑚の死体群のようでもある。美しさとは恐ろしさ。暖かさ、華やかさを表す桜が、夜には凍り付いた世界に迷い込んだように見えるのがいいですね。

 

 〇4月1日 映画SHIROBAKOを見に行った。社会情勢的に行かずにいたけど、収まる気配ないし、上映開始から1か月経ってるし、行かないと後悔しそうだなと思って。

 西宮ガーデンズまで行ったんだけど、こんなオシャレな所があるのか...と驚嘆した。無職には場違いすぎる。西宮、芦屋セレブ御用達なのかと思ったけど朝9時過ぎにいたのは暇そうな普通のオッサンオバサンだった。まあそうか...。

 9時50分の回で見たんだけど...150人くらいの部屋に一人で貸し切りでした...。ええ...。びっくりした。まあめちゃめちゃラッキーだから嬉しいけど。2時間の間感染する可能性がゼロですね。

 で、内容は。本当に良かった...。終始泣いてた。これが俺の見たかった「SHIROBAKO」だった。みゃーもりがカレー食べながら泣いてるシーンで泣かないわけないでしょ。

 諦めた、終わりかけの人間に、否、生きる全人類に元気と勇気をくれる作品。何度でも見たい。本当にアニメスタッフありがとう。

 本当に見て良かった。

 

 〇アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」めちゃめちゃ面白かった。

 大好き。最近のアニメで飛びぬけて面白い。大学の卒論でアイドルについて書いてるので、それもめちゃめちゃ語りたいことがあるのでいつか別記事で。

 

 こんな感じです。終わりかけのdaysだけどいい日もなくはないんだよな。

 あと、昨日歯医者行ったお陰で歯の痛みがマシになってきた。助かった。

近況など

 最近はストレスが溜まりまくって仕方がない。

 無意識で強く噛みしめているようで歯が痛すぎる。寝れないし、ただアニメを見ているだけでも痛い。さすがに我慢出来なくなってきたので、行きたくないけど歯医者に行ってきた。まあ、原因はそれで、加えて知覚過敏だと。

 聴覚過敏、視覚過敏(これは軽度だけど)の私にまた肩書きが増えてしまった。そうですか、という感じだ。

 歯医者に行っても特に対処法はないのね...。マウスピースの型取りして、「日中は口開けて過ごしてください」と言われて終わった。出来たら苦労しないのですが...。

 会社行かなくなった時も歯がボロボロになって7万円と多くの時間と色々なメンタルを失ったし、精神の不調は歯に一番現れるらしい。ほんとやだ。

 

 3月の初めには、無職一人暮らしほぼ引きこもりの私には感染症など関係ないなと思ってたけど、社会情勢のせいで影響がめちゃめちゃあった。

 昼過ぎに起きて適当に人の少ない公園を散歩してゲームして夜遅くの人が少ない時間のスーパーで買い物して飯食って寝るみたいな典型的無職生活だった。のだが、学校休み、会社とか店も休みになったせいで同じような生活の人が増えた。そのせいで公園は人だらけ。子供の大きな声は命の危険を感じるほど危険物なのに、急に現れて生命を脅かしてきた。ほんと辞めてほしい。スーパーも夜の営業がなくなったので、クッソ混む昼に行くしかない。しかも子供連れが多い。殺しに来てるんですかね。あと夫婦と子供で来てる奴はなんなんだよ。ウイルス感染したい/させたいんですかね。

 どうしようもない日は、昔外に出られなかったときに利用してたヨシケイの宅配を利用してる。でも、冷凍弁当を別に食べたくないんすよ。

 あと、住んでるアパートの周りの物音が酷くなった。会社休みなんか知らんけど。そいつらに罪はないとは言え、聴覚過敏には本当につらい。もっと静かに生活してほしい。外にも家の中にも静かな安地はない。

 政治やらについて、この国の政治は終わっていると分かってから新聞もニュースも見なくなったんだけど、一応知っておかないとという感じで見てしまう。が、当然クソがクソを曝しているだけ。それにどうこう言っても意味はないけど、怒っている人の声とかも見えて、それの強さにどんどん消耗していく。怒りの近くになんて寄りたくないんだけど、今日本中が怒ってるようなものだ。本当に疲れる。

 もともと終わってる政治の話なんて本当にしたくない。これは私のブログなんだから私以外の話なんて一切書きたくないんですよ。ただ一言だけ。

 兵庫県はクソ。

 

 それでもこんな終わってる国で、命を懸けて感染症と闘っている、飲み会にいく時間もない、若い医療関係者がいるということを思うと涙が出そうになる。なんでこんな国に、時代に生まれたんだろうな。

 

 感染症が5月上旬に終わる可能性なんてあるのかと考えた。ウイルスが超強力化し、即死性を持つようになり、感染した人は2分で死ぬようになる。そうすれば「感染者」はいなくなる。というのが現実的かな。

 そうでないならこのストレスはいつまで続くのか。ああ、旅行に行きたい。少し前まで、金があれば鳥取の温泉で1か月くらい過ごしたいと思ってたけど、それも無理になった。もともと金がないから行けないけど...。

 

 無職の私がこれほどイライラしてるんだから、働いたり政府に振り回されている人達の影響はどれほどのものなんでしょうね。怒りを私まで伝えないで下さい。

 

 貯金が尽きるまで、あと少しは生きようと思います。みなさんも、お元気で。もしくはさっさと死にましょう。

会社行かなくなって1年経った

 去年の3月に会社行かなくなったため、それから1年経った。

 ついでに会社辞めたのが9月なので半年。現状について記録しておく。

 体調は大分良くなった。日による差は大きいが、普通に外出出来る。勿論、音や人混みには最大限注意しないといけないが。ブレーキすると金切音を鳴らす自転車に乗っている奴は今すぐ自転車買い替えろ。それか廃車にして一生乗らないでくれ。

 先週は沼津とか江の島とかに旅行にも行けた。また記事にする予定。

 昼間の外にはもう出られねえなと思っていた頃もあったので、本当に良かった。

 ただ、この前難波に寝不足で行ったとき、酷い頭痛になって帰れそうになかったからホテルに泊まった。トイレで吐いたし、調子に乗ってはダメだった。

 中国人いないし人少ないやろと思ってたら日本人だけで掃いて捨てるほどいた。2月の平日だったのに、ニート多すぎだろ。

 

 仕事は一切してない。貯金はまだあるので何とかなるでしょう。半年くらいしたら働けるかなとか思ってたけど、その頃失業者が急増してるだろうから、もうちょい延ばすか...。

 

 今年になってアニメをそこそこ見始めた。去年とか1年で数本しか見てないから、今のクールの本数で余裕で越えてる。

 1番好きなのが「推しが武道館いってくれたら死ぬ」。面白すぎる。好き。見る手段が少ないのが残念ですが、見よう。

 ゲームはゼルダポケモンばっかしてる。「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」はあまりにも面白いので今すぐやろう。

 あと、「deltarune」の存在を最近知った。ゲーム自体も良かったし、何より「夢と希望の平原」がカッコよすぎる。好き。何あれ。永遠に聞いてる。AmazonMusicUnlimitedに何故か入ってるのも最高すぎるでしょ。いつでも聞ける。

 

 ゲームしてアニメ見てたらそれなりに人生過ごせるな、と。それで良かったりする。

 最近はコロナウイルスが話題だけど、私にはほぼ関係ないので...。関係ない人間にとって、こういう時は特に何もしないが正解。デマ野郎のせいでティッシュが売り切れだった時はキレそうだった。

 そんな感じです。精神よりも花粉症が辛い。

 今日も生きた。

一年去ってまた一年

 2020年になった。去年の初め頃はまさか今年を迎えることが出来るとは思ってなかった。本気で今年死ぬと感じてたからね。

 会社行かなくなって10か月。まあ、人生こんなものである。

 去年はそんな感じでクソな年だったなと思うけど、会社辞めたことはプラスでしかない。いや、鬱になったり、耳とか脳がおかしくなったのは本当に困るんだけど。今でも大変なんだけど。会社行ってても何一ついいことないし、100%正しい判断だった。

 で、「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」という史上最高のゲームに出会えたし、「ゆるキャン△」という最高に好きなアニメにも出会えた。それらがあまりにもプラスで、総合的に見ると悪い年ではなかったな。

 まあ最悪の気分の時もあるけど、そんなもんだろう。死にかけながら生きていくしかない。まあ、今存在出来てて良かった。本当に、よく生きてたな。

 今年の目標は「生き残る」。以上である。それだけであるが、それが如何に、どれだけ難しいことか知っている。それだけで人間には限界だと思うのだが。それ以上求めないでくれ。

 ということで一年間の長い闘いが始まる。もう一週間経ってるけど。

ぼちぼちやっていきましょう。

外では携帯電話はマナーモードにしてね

  今日は最悪の気分である。

 病院の待合室がそこそこ混んでて薄いイラつきを感じていたところに、隣の人間が携帯電話を大音量で鳴らしやがった。完全にブチ切れた。病院で、あまつさえ俺の隣で電話を鳴らすアホがおるか。まあ、世界一のアホだからそんなことが出来たんだろうけど。今後やったら殺す。

 で、しばらく切れてたのをギリギリの状態で保ったまま、呼ばれ診察へ。

 めちゃめちゃイライラしてたので医者にも相当の態度で当たってた。言葉遣い悪いなと喋りながら思ってた。普段は俺って言わないのに言ってるなーとか。

 うーん、やっぱあの医者信用ならんな。聴覚過敏への理解が本当にあるのか。あんまり効かない薬増やすしかやってねえぞ。

 あと、双極性障害って診断だけど、それだけなのか?

 HSPなのは確実なんだけど、ASDとかも当てはまってると思うんだよな。正確に知ってるわけじゃないから言い切れないけど。そもそもその辺は曖昧で複合していることもあるから分からないんだけど。でも医者からそういう単語は聞いたことなんだよな。そもそも知ってんのか。

 聴覚障害の本とか記事は少ないけど、発達障害とかHSPだとめちゃめちゃあるのな。

 そんなにいるのかってくらい。色々参考になりそうだな。聴覚過敏に絞るといい情報が少ない。

 まあ色々調べていくか...。仕事についても書いてあるの多くて助かる。働きたくはないけど。というか就職は現時点では不可能なので、仮に1年以上生きるとしたら、PCで出来る仕事探さないといけないんだよな。まあ生きるか分からないけど...。

 なんか書いてたら少しマシになってきた。散歩でも行ってくるか。もうすぐ日の出かな。