多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

経過報告2

  5月9日

 休職中、毎日更新するつもりでこのタイトルと形式にしたのだが、、、2か月書いてないぞ。

 この2か月、何していたのかと言えば、、、ひたすら寝て、苦しんで、考えて、ゲームして、ゆるキャン△見て、ネットして、スーパー銭湯行ったりしていた。

 4泊5日で身延、沼津、東京やらを旅行もした。その記事も作成中ではある(作成中の旅行記が山ほど溜まっているのだが、、、)。

 まあ、ようやくもう少しは生きれるかなという気分になってきた。何かをしようとは考えられないが。

 しかし、「もう少し生きてもいいかなと考えられるようになる」と「死ぬまで働き続ける」がニアリーイコールで語られるの、ありなくないだろうか。100万光年くらい距離があると思うのだが。

 ということで、しばらく何も出来ない生活が続きそうだ。

 GWに何人か人と会って、現状について話した。

 11か月しか会社で働けない、社会不適合のクソゴミ野郎などと罵られるかとビクビクしていたが、全く反応は違っていて驚いた。まあ、そんなこともあるさみたいな、というか特に気にしていない感じ。普通に話せて良かったのだが、それは「しばらくしたら新しい会社を見つけて働くだろう」と思われていたからである。次頑張れよみたいに言われたし、そうであろう。

 しかし、もう私には「自分が会社に毎日行って人と会って働くことの出来る人間である」と全く思えなくなった。就職する前から「一つの会社で働けるのは長くて3年、短くて半日」と思ってたので、まあその通りなのだが、もう半日も働ける気がしない。

 自分への自信やら肯定感をすっかり失ってしまった。まあ無理だろうという諦めが膜のように自分を覆っている。

 それと、会社を辞めたことで(辞めてないけど)達成感のようなものを感じている節もある。他の人が40年くらい働いて辞める所を、私は1年弱働いて達成した感がある。

 どうせ働いている40年なんて、「失われる40年」なのだし、さっさと終わりを迎えたと思えば悪くもない。

 なのでもう余生感がある。色々やりたいことはあるけど、やらなくてもいいし、それを言ったら何もしなくていいのだけれど。

 もういつ死んでもいいけど、今死ぬ理由もないし、そもそも怖いし、惰性のみで生きている。

 他者の手によって死ぬのは嫌だし、自殺が一番良い死に方だと思っている。自殺以外で死にたくないが、自殺の勇気はまだない故に死を恐れるという不思議な状態である。

 もう少し丁寧に書きたかったな、、、まあいいや。おやすみ。