多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

最終電車

 暗闇の中で煌々と輝く高層ビルの間を轟轟と駆け抜けていく

 初めてそれを見たとき、それに圧倒され目を輝かせ、胸を高ぶらせたものだった

 彼は今、満員電車の中、肘をつき座りながら無表情にそれらを眺めている

 夜なのにただ眩しいものだなあとか、そんなことを思いながら

 ふと窓と逆側を見る

 満員電車に詰め込まれた黒くて表情のない有象無象

 そして、もう一度窓を見る

 映り込む有象無象の姿 追いかけてきたように感じた

 そして、音を立てずため息をつく

 半年後には、これの仲間入りか、と

 

 電車は高速でレールを突っ走り、見ることのできる建物は次々と姿を変えていく

 停まることはない

 半年後にはこの快速の電車に乗り込み、40年間、降りることはないのだろう

 終着の時間だけを知らされ、目的地も分からないまま

 彼は数日前、就職の最終面接を終えた所であった

 受かるとそこに就職することになる そうすると、未来が決まる

 今までは未来が見えないことが不安で不安で仕方なかった 真っ白な大海原で常に彼は迷い、彷徨い、もがいていた

 だから、未来が見えてしまうことで未来が真っ黒に塗りつぶされことに驚いた

 真っ白を彷徨う漂流船から暗闇を延々と一直線に進み続ける電車に乗り換えてしまうのだ

 電車を飛び降りてしまおうか、と考える

 飛び降りた電車を振り返る

 落ちろ、落ちろと互いに牽制し合っている真っ黒な乗客の姿が見えた

 落ちたことで醜く笑みの形を作る顔、落ちた様を写真に捉えようとカメラを向ける様子

 すべての顔が歪んでいた

 どこに落ちるのだろう 馬の上かもしれない 飛行機かもしれない 舗装されてない道を歩いて進まなければならないかもしれない

 落ちたら何が待っているのか

 

 そんなことを思いながら目の前のビルを睨み、軽く窓を殴りつける

 電車が緩やかに速度を落としながら、停車駅のアナウンスをする

 暗い街並みが照らされていく

 まだ目的地は見えない