読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

就活の合同説明会に行く意味

 去年行った時より5倍は面白かった。嫌々行くのは無意味、意欲的に行けば成果は出るな。

 

 就職の合同説明会に昨日、今日と行ってきました。そのメモと活用方法と今後の方針を自分なりにまとめておきます。

 

 今回の目標

 1、雰囲気のつかむ。企業、周りの学生含め。

 2、受ける会社を探す

 3、会社の人と話す練習

 

 今回の成果

 1、合説は意外と楽しかった。目的を明確にした上で、それをこなししつつ、企業の話を聞いたりするのは面白かった。よく分からん会社も回ると、会社って本当に色んなことしていて千差万別、もっと多くのものを見ないとなあ、という気になる。回る会社は他の学生がいない、もしくは一人しかいない、とこが絶対にいい。会社の人と一対一で話すと、自分のために話してくれているなあ、という気になり、内容もすっと入ってくるし、質問もすぐに答えてくれる。目標3の話す練習にもつながった。合説だからだろうけど、どこの企業も話しやすい人だったのでとても良かった。受けてみたいなあ、と思えることも多くなったし。

 多様な会社を回ったことで、様々な業界の情報も知ることが出来た。業界解説をしてくれる会社を回ると、それも知れてお得。かなり勉強になった。

2、2日間で10000円分の金券が貰えた。どうなってんだ、この世界。

 

 今後に向けて

 合説、行き過ぎると無限に受ける企業が出てきてしまうので行くものは絞る。行くのは楽しいけど、相応に疲れるし今度の負担を大きくし過ぎるのは良くない。きっちりと厳選する。

 会社の人ときちんと話せる練習にはなった。スムーズに話すためには関心、知識、経験、慣れ、が重要だ。受ける会社、業界の基礎知識はしっかり勉強しておかないと、上手く会話するのは厳しくなるなあ、と強く思った。知識、教養が無いと関心はあっても、質問をしたり会話を繋げることが難しい。研究しよう。

 

 2日間のメモはこんな感じ。結構上手くいきそうじゃないか?頑張ろう。