読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

没頭に没頭

 昨日の記事と関連するが、死にたい、つらいという感情にならないためには他の何かに強い感情を持つことが重要であると書いた。

ならそのためにどうすればいいか、考えてみる。

まず、怒りを他者に向けること。しかし、これは私にはとても難しい。クレーマーとかは何でもないところに勝手に怒りの感情を生み出し、人を攻撃できるのだろうが、私はそうはいかない。まず、自分に関係のないことには何の感情も持てない。どうでもいいや、と特に何も思わない。それに、何かあったとしても、人に怒りを向けることなんてほとんどしない。知り合いでもない人になんて、出来るわけがない。

なので、そうは上手くはいかない。それに、怒りに身を覆っているのも、精神的に良さそうに思えないし。クレーマーとかはそれで自分を守っているのかもしれないけど。

なら、やっぱり楽しい、嬉しい、といった感情で思考を支配してしまうのがいい。つらい、といったこと、自分に関することを考えさせないようにすればいい。

つまり、何かに没頭する。ゲームやアニメ、本などだ。人と会って楽しいことをするのもいい。特に、ゲームは強いと思う。完全にそれに集中させられる。本を読んでいたらたまに思考が別のところにいってしまって集中できなくなる時がある。また、人と会うと大体あの発言は良くなかった、、、あの人、悪い思いしてるんじゃないだろうか、と思い返して心配になることが多々ある。それでつらくなる、、、という。

しかし、ゲーム(特にアクション)は私の場合は完全にそれに没頭できる。他の思考は入り込まない。いやあ、本当に楽しい。楽しいに感情が支配されるって本当に気持ちいい。

何かを考える余地をつくらない。ワクワクに頭を染めてしまう。できたらすごく毎日が楽しいんじゃないだろうか。