多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

都会、ときどき山奥

 12月4日。6時に起床。生活リズムが一般的なものになってきた。嬉しい。

 今日も日の出を見に行く。慣れてきたけど、何度見てもいいものだ。しかし、日の出が遅いせいで少しゆっくりしてると通勤ラッシュの時間になって道がめちゃめちゃ混むな...。調整しないと。

 10時前。今日は福知山線廃線跡に行く。紅葉の時期に行こうと思って今まで行けてなかった。大阪から電車で数十分でなかなかの山奥に行けて面白い。その上ずっと高低差のほぼない道を行けるので楽だ。

 紅葉はそれなりに綺麗だった。ただ、ちょっと期待しすぎではあった。が、十分良かった。

 山の中にいて、隣を大きな川が流れている。都会の喧騒から離れて、非常にいい気分である。このために来たのだ。山はひたすら山である(道はそこそこ整備されてるけど...)。なんで都会に住んでるんだろう...。まあ田舎は田舎でクソだけど。適当に生きていくか。

 しかし、めちゃめちゃ疲れた。生瀬駅からの道を間違えたせいでさらに疲労感が増した。さっさと帰って飯を食う。

 今(15時)の時点でかなり眠いんだけど...。適当に寝よう。

 今日の気分はそこそこ良い方。

9時間遅れなのでセーフ

12月3日

 昨日は20時くらいに寝て、5時半起床。多分3時くらいには起きたけど色々考えたり寝てたりしてた。

 今日も日の出を見に行く。いつもより遠くまで行ってみた。大きな公園が意外と近くにあった。知らなかった。日の出は今日も美しい。

 その後、スーパー銭湯へ。入った直後はめっちゃ気持ちよかったけど、なんか物足りなかった。読んだ漫画のチョイスが悪かったのか、ずっと考えに浸ってたからか。聴覚の調子は微妙。テレビが五月蠅くて仕方なかった。せめてNHKにしてくれ。

 次に病院へ。人は少なくてラッキーと思ったけど、初診の患者の診察が非常に長く、めっちゃ待った。まあ、人が少なかったからストレスは少なかった。で、普通に診察してもらった。

 その後、飯。美味かった。

 診察が遅かったせいで、駐輪場の無料時間2時間がギリギリであることに飯を注文してから気付く。200円やからまあいいけど、危なかった。

 これからは気を付ける。

 その後、帰ってゲームして寝る。あんまり寝付けなかったけど21時くらいには寝たはず。

 良くも悪くもない日だった。

大雨のち晴れ、のち

 12月2日。4時くらいに起きた。大雨である。昨日は超眠かったけど22時過ぎまでポケモンして、朝起きるように調整した。が、あまり寝れなかった。やはり無理に生活リズムを直そうとするのは負担が大きい。

 起きたら雨で夜というのは気分が結構落ち込む。世界が真っ暗で家からも出られない。周りには活動の気配がない。自分しかいない世界に閉じ込められたかのようだ。それに、せっかく平日なのに出かけられそうにない。

 6時くらい。周りから色々な音が増えてくる。新しい週が始まる音。ポケモンしながらそれを感じる。街が動き始めるようだ。

 10時くらい。雨が止み、日が出てきたので外に出て近くの公園へ。

 雨上がりの空は奇麗。雲から見え隠れをするたびに、日の温度を感じる。比喩なしに、太陽の光は暖かいのである。

 雲と日のある空は奇麗である。最近になって知ったことだ。空って色とりどりなんだよな。見てて飽きない。

 その後、適当に昼飯の買い物に行く。空は雲に覆われ、また雨が降りそうな模様になってきた。ゲームしよう。

 今15時半だけど、めちゃめちゃ眠い。17時か18時には寝そうだ...。まだ深夜起き生活は長引きそうだ。今日の気分はそこそこ。

新しい日に自由を吸い込んで

 今日から日記でも書いていこう。毎日書くつもりだけどどうせ続かないだろうし、まあ気楽にやっていく。

 12月になった。会社に行かなくなって9か月、会社辞めて2か月半。まあ、こんなもんかという気分。精神の不調はもはや永遠に続くものだろうが、会社行ってた時より幾分マシ。クソみたいな人生だが、全部自分のものであるというだけで良い。会社のための時間も苦しみも要らない。

 会社辞めたら色々マシになるかと思ってたけどそんなことはない。嫌で嫌で仕方ないのは会社ではなく人生になっていた。ならもう死ぬまで逃れられないわけだ。ははは。

 そんなこんなでこれからもやっていく。時間がいくらでもあるというのは苦しみでもあり、救いでもある。

 今日も精神不安定。どうやったらマシになるのか試行錯誤。逃避行。そうしよう。

 最近はとにかく寒い。急に寒くなって驚いている。暑いのは嫌いで夏は苦しくて仕方なかったけど、冬もやっぱ大変だな。まだ12月なったばっかり?ええ...。

 ここ数日は夕方に寝て深夜に起きるという謎のリズムになっている。自分でも謎だ。

 でもクッソ寒い中、朝の6時に出かけ、美しい日の出を見るのは気分が良い。本当に美しい。宇宙って凄い。この生活が続くのなら日課にしてもいい。

 ただ、夜のスーパーに行って飯を半額で買うことが出来なくなったのが悲しい。

 深夜にやってる店なんて松屋しかないから仕方なく行ってる。コンビニは高いし、何より五月蠅い。

 今日もゲームしてさっさと寝よう。せっかく晴れてるけど日曜だから出かけたくない。

私の病気は治るのか

 会社行かなくなってから現在までの病状について記録でもしていく。

 会社行かなくなったのは3月1日。その前日に、「多分このままだと1ヶ月以内に死ぬので明日から休みます」と言って休むことにした。今こうして生きているわけだから正しい判断だった。別に死ぬことはいいんだけど、会社のせいで死ぬとか死んでも嫌だったので。

 当時の貯金で生きれる期間 > 働き続けた場合の寿命

 と考えたので、それだったら働かない方がいいじゃないですか。せっかく80万くらい稼いだのに使わずに死ぬのももったいないし。何のために働いたんだって話。

 で、次の火曜に病院に行って医者と話すると、休養の必要、双極性障害の疑い、とか言われた。そうして会社は休職した。

 会社行ってる間は会社休めば楽になる、と思ってたけどそうでもなかった。

 会社否定を続けるということは、そこにいる自分も否定することであり、いつの間にか会社がクソであるとともに自分も救いようもないクソであると自分自身が烙印を押していていた。躁鬱に関しては高3からずっとなので、ある程度は何とかなると思ってたけど、今までの比ではない。会社への恨みは自分への否定に繋がり、もう救いようがなかった。

 そういうわけで何の進展も救いもない半年を過ごし、休職期間が終わったので会社は辞めた。

 9月某日のことだ。

 その1週間後くらいから、さらなる悲惨が降りかかる。

 夜にいつものように買い物に行くと、違和感が襲う。周りの音がとんでもなく五月蠅く聞こえる。頭が痛い。五月蠅いというよりも、気持ち悪い。痛い。頭を音で殴りつけられている。音の発生物で脳を直接叩いてるようだ。

 刺激が響いている。音が聞こえやすいというより、全てが不快で痛い。

 本当に驚いたし、何よりも苦しかった。それまでも大きい音の刺激とか人混みは苦手だけど、それどころではない。刺激で脳が揺さぶられる。

 家に帰ってしばらく休んで、数日たっても収まらない。というよりも悪化していく。

 換気扇や洗濯機の音が耐えられない。頭が揺さぶられ、締め付けられる。

 調べてみると恐らく聴覚過敏である。

 書かれてあることほとんど当てはまったし、理解できるのが苦しかった。

 成人でも突然なるみたいだけど、本当に突然感じるようになったのでびっくりした。

 「音に殺される」。その通りに思った。

 医者に行ったら、今の病状の派生らしい。で、薬が増えただけだった。

 というより、病院が不快で不快で仕方ない。周りに他人が多くいることがストレスでイライラして、こんな環境で待たせる医者にもキレかけてた。

 子供なんてミサイルのように感じた。突然襲い掛かってきて脳を爆発させる。いきなり喚きながら走ってくるな。シューティングの避けゲームを一人だけプレイさせられているようだった。遠くから人が歩いてくる、車が通りかかる、どこか逃げる場所はないか。音から離れないと。

 ブレーキするととんでもない音を響かせる自転車に乗ってる奴も全員死んでほしかった。お前はその自転車で人の頭をぶん殴ってるんやぞ、死刑になれや、と思ってた。

 本当に不自由な生活だった。外で会話すること、叫ぶことを法律で禁止してほしかった。

 ある日、雨が降っていたので市役所に行くのに仕方なく電車に乗った。帰りの電車で、隣に女が座ってきて、大音量でスマホでゲームをやり出した。わけが分からなかった。本気で殺意が沸いた。が、沸騰しそうな頭を抑え、隣の車両に移った。本気で理解できないし、今でも殺してやりたい。

もうそうなったら外出というものが出来ない。人間がいる場所に近寄れないのだ。

 というよりも外出しない方が良かった。叫んだり走り回る子供を、本当に我慢出来なくなると蹴っ飛ばしてしまいそうだった。それほどまでに苦しかったが、本当にそうならなくて良かった。

 私が犯罪者にならない世の中になってほしかった。

 そうして、深夜にしか外出出来ないようになる。で、最後の悲劇、自分の漕ぐ自転車の音が我慢ならなくなる。自分で自転車のチェーンで頭を締め付けているようだった。

 ああ、もう一生乗り物に乗れないのかと絶望を感じた。

 人間には外で話すことを止めてほしかったんだけど、「不快に思う人間がいるからOOするな」って言説、大嫌いなんですよ。少数派のために多くの人間が不便を強いられるなんてクソだし、あまつさえお前がそうでないのに言うとか本当にゴミだな。

 だから自分のためにお前ら音をたてるなとか、訳分からないじゃないですか。でも本当に苦しかった。もうどうでもいいから自分のために行動しろ、と思ってた。まあ、そうなことにはなるわけないんですが。

 そうして、苦しみと恨みと妬みの約2か月だった。

 ひたすら小音量でゲームしてた。対戦ゲームはストレスが溜まるのでできない。

 世界一のゲームである「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」とか「マリオオデッセイ」とかやってた。

 「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」は抗鬱剤。やってね。

 疲れると、アロマ焚いて、ホットアイマスクをして、「ゆるキャン△」のサントラかけてひらすら横になってた。まあまあ回復する。

 洗濯とか炊飯器使ってる時とかも、そうしないと耐えられなかった。

 「ゆるキャン△」も見て下さい。サントラも絶対買いましょう。

 

で、忘れもしない11月1日。起きると違和感がある。

 いや、正しくは違和を感じていたのはそれまでだったけど。それまでとは違う。

 音への不快感がない。

 外に出る。普通に出れる。音が不通に聞こえる。感動した。普通に昼間の外に出ることが出来るとは。そのことにとても感動した。

 何故か、突然聴覚過敏が治った。勿論、それまでの恐怖が植え付けられているので、子供とか自転車とか大きな音は怖いけど...。

 普通に外歩いて、自転車に乗れて、買い物が出来るようになって、本当に嬉しかったですね。普通に生きることができるようになると思ってなかったので。

 症状マシだし東京にどうしても行きたかったので行ったら、到着して2時間で酷い頭痛に襲われて、翌々日の朝までホテルで寝ることしか出来なかった...。3日間で実質行動できたの数時間で悲しかったですね。いきなり東京はやはりハードルが高すぎた、気を付けます。

 そして今は躁鬱の日々。これは高校からの付き合いなので、まあ慣れたものですが...。

 なんというか鬱って一括りにされてますが、何らかの理由で休養が必要な人間が正式に休むことを認めさせるための証明として「鬱」と診断するんでしょうけど、半年たっても経って変わらなかったら、もう鬱じゃなく「そいつ」なんじゃないか。

 そこまで来たら病名で一括りにするのに意味はないんだよな。

 ということで、双極性障害と診断されてるけど、7年もこんな感じなので、もう病気とかそういう話なのかどうなのか...。

 まあ「治る」ことはないというのが自分が一番よく分かりますね。

 そんな感じです。さようなら。

ポケモンソード クリア感想メモ

 ポケモンソード、殿堂入り&クリア後イベントまでやりました。

 最高に面白かったですね!!最高!それに尽きる。

 3日間パソコン触らなくてよかった。新鮮な楽しさでした。

 プレイ時間24時間。

 

 〇ポケモン

 新ポケモン、ガラルの姿のポケモンが予想以上に多く、公開されてないのも多くて(ここが重要)とても楽しかった。130匹くらい?キョダイマックスも含めたらもっとか。常に「なんだコイツ?」ってなって楽しい。

 初エンカウントする野生ポケモンが初見ってすごいよね。ずっとワクワクできた。

 ただ、400かあ。全員登場しないと言っても、600~700は出ると思ってた。その分新ポケモン多くて嬉しいけど。今後に期待。

 

 〇キャラクター

 みんな良かった。マリィめっちゃ好き。まさか方言だとは。

 いきなり登場するチャンピオンも一目で好きになれるのすごい。ホップも王道を行くライバルで良い。

 ジムリーダーも出番多いし、めちゃめちゃカッコよく動くし魅力的。

 ビートもめっちゃいいキャラしてたね。二番目に好きかも。

 

 というか、女主人公めっっっっちゃ可愛いしカッコいい。可愛すぎる。一緒にカレー食べたい。

 髪を気にしてる仕草見て感動した。前作の不動・無表情は何だったんだ。

 服装も髪型も完成されてるので、靴下とカバンと、あとニットの色を変更した位ですね。カード作成楽しい。

 

 〇グラフィック

 さすがスイッチ。めちゃめちゃいい。遠くの景色が見えるのが本当にいい。ワクワクするし、冒険感が凄い。

 

 〇ワイルドエリア

 私が世界一のゲームだと思ってる「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」をプレイした時、ポケモンもこんな自由度と探索が出来たらなあと思ってた。ら、なりました。名前公開された時笑ってしまったわ。

 いきなり「お、イワークだ」と近づいたらレベル26で全滅しかけたのはいい思い出。

 広い世界に現れるポケモン、いくらでも探索できる。ストーリークリア時間、ここをどれだけ過ごしたかで大きく変わるな。

 ただ、ポケモン全然捕まえられなくないか?ゲットできずにストレスたまる度にクルクルシャキーンポーズしてた。

 

 〇ストーリー

 なんというか新しいっすね。ジムとかリーグを全面に出してきたのは面白い。スポーツとかオリンピック意識なんだろうなあ。主人公がみんなに応援され、ライバル達と闘いながら成長していくのは王道で熱くて良い。

 伝説を辿っていくのも面白い。小学生でも分かるような丁寧さと分かりやすさだなあと思った。

 ただ最後の展開、というかローズさん雑じゃない?良く分からないまま終わったし。

 が、そんなことは気にならないくらい、伝説のポケモンと共に強大な敵と戦う展開はアツくて良かった。主人公がカッコイイ。世界を救って、ちゃんと皆に認めてもらってるのが良かった。

 クリア後も最初これ(こいつら)、いる?って思ったけど終わりよければ全て良し。ジムリーダー全員とイベントあるのも良かったし。

 基本一本道だけど、ワイルドエリアのおかげでそれを思わせない自由度だった。

 

 最後に手持ち紹介。レベルは50後半~60前半。

 ・ゴリランダー 

進化した時「マジかよ...」ってなったけど(草単も含めて)、見てるうちに好きになった。キャンプの時、ドラムを出したりしまったりするの楽しい。

 ・マルヤクデ 

ジム戦で見て一目ぼれ。すぐヤクデを手持ち入りさせた。カッコイイ!!新ポケで二番目に好き。

 ・ギャラドス 

 新ポケ縛りするつもりだったけど、水タイプであまり気にいったのがいなかったので、何となく入れた。めっちゃ強い。最後、リザードンを頑張って倒してくれた。

 ・アーマーガア

 最初に公開された時から「カッコイイ」と思ってた。適当に捕まえて手持ち入りしてたココガラが進化してびっくりした。ジム戦で大活躍してくれた。

 ・ネギガナイト

 ソードを買った理由。進化方法調べるときだけネット見た(マホイップも)。

 ・マホイップ

 新ポケで一番好き。可愛すぎません?公開された時は何も思わなかったけど、ゲームで見て最高に好きになった。とにかく可愛い。そして強い。

 

 物理多いっすね。まあ、みんな好きなんで。

 

 

 とにかく、今までで一番楽しめたんじゃいかってくらい楽しかった。

 テレビの大画面でやるポケモンはいいね!

 まだまだ楽しんできまーす。

旅行行ってきた。

 9月1日~4日で沼津、身延、甲府とその周辺、松本に旅行に行ってきた。結構楽しかった。やっぱり違う所に行くと、何で関西のクッソ人多い場所になんて住んでるんだろうと思う。マジで人多いし暑いし五月蠅いし引っ越してえ、、、。でも面倒くせえ、、、。

 でも滋賀のクソ田舎よりはマシだ。田舎は広いくせに狭い。今住んでるところは狭いけど、まだあそこよりは広い。

 広くて広い場所に住みたいなあ。

4日も旅行したけど、何がめちゃめちゃ楽しかったとかは特にないんだよなあ。ただ、ふらっとどっか行って、だらだらしてきただけだ。でも、千本浜の海はめっちゃ綺麗だった。身延で富士川を見ながらまったり身延まんじゅうを食べるのは最高の気分だった。ドーミーイン甲府に泊まった日、全く寝れなくて朝の5時に露天風呂に入ったら、黒い山を覆う雲の間からピンク色に煌めく光が見えて、あまりにも美しかった。笛吹川フルーツ公園からの眺めは「すげえ」しか言えなかった。

 そういうことがあって、ああ行ってよかったなあという気分だ。

 ただ、一度も富士山が見えなかったのが悲しい。

 そんな楽しい気分、晴れやかな気分も日常に戻れば一瞬で塗りつぶされる。カラフルに見えていた世界も灰色にしか見えなくなる。思考と目の前を厚い雲が覆い、ぼやけてしか見えなくなる。退屈でクソで死にたい世界に戻される。

 会社に行ってた時も、GWとか盆休みとか正月とか少しでも休みがあるといつも沼津に行ってた。これで気分転換できたなと思っても、会社についた瞬間に最悪の、今すぐ帰りたい気分に染められた。旅行に行ってたことなんて、なかったように。

 まあまだ今はマシではある。帰ってきた翌日、9月5日に任天堂がプレゼントをくれたから。スマブラスーパーカービィハンターズとヨッシーアイランドをローテしてやっている。そのおかげで最悪のクソでクソで仕方ない、まではいってない。

 ああ、またどっか行かないとなあ。全てが真っ黒に塗りつぶされるまでには。行きたいなあ。