多岐亡羊

社会を漂いもがいて何とか生き長らえる子羊です。

牙を抜かれた獣は愛玩動物はたまた家畜

 最近、感情が無くなってきたんじゃないか?と思うことがある。

 夏休みに入り(1年近く休みみたいなものだったが、、、)、人と会わなくなり、試験の面接もしばらくは無かった。つまり、圧倒的に刺激が少なく、日常的に感情が揺さぶられたり、深く考えたりすることが少なかった。

 それはいいことでもあるのだが、最近はあまり精神が良くない。揺れ幅は小さいが、緩く、緩く絶望へと向かっている気がする。少しづつ、精神ごと奪われていくような感覚。

 ヤバい!!

 前の俺はもっと尖がってたように思う。怒り、死にたがり、爆発させていた。それが、どうした。静かな諦め、少しづつ絶望の沼に全身を沈められていっている。

 あああああ何かヤバいわああああ

 もっと感情を露わにしていきます。ええい!

 ブログも書くぞ!

女子力、死ね。

 女子力、という言葉が大嫌いなので、その理由と気持ち悪さについて考えていこうと思う。尚、筆者は男である。

 まず、その定義について確認しよう。Wikipedeiaから引用させて頂く。

引用始め

女子力(じょしりょく 英語women's power)は、輝いた生き方をしている女子(一部の男子)が持つ力であり、自らの生き方や自らの綺麗さやセンスの良さを目立たせて自身の存在を示す力男性または女性からチヤホヤされる力

引用終わり

 

 ーーー何を言っているのか?私には分からない。色々なサイトを見てみても、モテる能力、女性として好かれる姿、「女性らしさ」などという言葉で語られている。

 そこで、一つの疑問が生まれる。

 結局、何なの?

 

 不可解さを整理していこう。

 まず、「女性らしさ」という言葉について。女性、男性というのは社会的に作り上げられたもので、その定義というか、何をもってそうとするのかは私には非常に難しいし、言い切れない。(生物的なセックスのことを言っているのではない。人間の社会における、男性、女性のことである。)LGBT等の人々の存在により、異性が好きであることがその性である、という定義はなさないであろう。

 結局、男性、女性というのは、その社会で、または生まれ育った環境で刷り込まれた概念である。場所が変わればそれは勿論変わる。なので「らしさ」というのは生まれ育った環境によって変わる。というか、人それぞれだ。

 十人十色である考え方を、「らしさ」という言葉一つでまとめ上げる。定義が全く違うものを、同じように見せてしまう。自分の考えに当てはまらない他人を「らしくない」といって否定してしまう。これは言葉の暴力でないか。

 特に、男性が「女性らしさ」という言葉を使う時、それは「自分にとって都合のいい女性像、自分に魅力的な姿」等を押し付けている。自分にとって都合のいい女であれ、と言っているのだろう。男性は女性を支配するもの、という考えが残っている証拠ではないか?上から評価してやる、という目線かもしれない。

 同じような意味で女子力が使われる場合、危うい状況であることが分かるだろう。自分に都合のいいように女性を使い、そうでないと「女性であること」を否定してしまう。どちらにも無自覚であっても、そこには主従の関係が隠れているのだ。

 

 次の引っかかりに移ろう。女子力が男性に好かれる魅力、という意味で使われる記述も多かった。それでいいの??

 上のように、男性にとって都合のいい使われ方もしている。そして、女子として魅力ある姿が男性にモテること、というのはいかがなものか。性をモテで評価する考えに違和感を覚えるので、素直にモテる能力とでもいいのでないか。そう言う人は皆、恋愛至上主義なのだろうか。

 

 次に。男性に対してまで女子力が使われる理由は何だろうか。家事が出来たり、オシャレだったり、メイクをする男性等に使われるようであるが、何故それを女子力というのか。男性はそれらは本来出来ないもの、なのに出来るということでここでは逆に女性から評価されている気がする。つまり、さっきとは全く逆の主従関係が生まれることであろう。男性に「女性らしい」ということはこれも性の否定であり、暴力ではないか。

 

 結局、定義の曖昧でよく分からない言葉で他人を縛り、人々を生きにくくしているのでないか、というが私の思う結論だ。自分の定義を人に押し付けてはいけない。自分の思う性を追求し磨くのは自由だが、人に合わせたり、人を評価してはいけない。

 この言葉の発祥は分からないが、恐らくテレビあたりのメディアが、ファッションや美容関連の消費を促進するために作った言葉だろう。もしくは偉いオッサンが自分の好みの女性像を普及させるためか。

 メディアによって振り回され、性を否定されるなんてことは御免だ。万一、男性力なんて言葉が生まれたら、そのプロデューサーをぶん殴ってやろうと思う。お前らの作り上げる像に沿って生きてなんてやるか。

 

 最後に。

 成人になって、子はねえよ。男性、女性って言え。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aqours愛

 Aqours尊い、、、渡辺曜ちゃん天使すぎる、、、

 

 ラブライブ!サンシャイン!!が最近好きすぎて、就活と人生の疲れを全部、これで癒してもらってます。みんな可愛い、、、恋になりたいアクアリウム、、、いい、、、

 

2ndライブ一次は見事に落ちましたけど、絶対に行きたいんすよ。せっかく神戸に来てくれるんだし、またとないチャンス。2次あたってくれ、、、

 

で、今度沼津行くんですよ。念願の沼津!!!HAPPY PARTY TRAIN!!みとしー!!沼津港!淡島!ヌーマーズ!その他色々!もう、楽しみでしかない、、、!!

 

と、まあ、めちゃめちゃ好きなものがあるって、本当に幸せなことがあるっていいよね、ってことです。

サンシャイン!!大好き!

 

 

応援歌

 昨日、急激に死にたくなる発作に襲われた。最近寝てないのに全く眠れなくて朝が来て、絶望的な気分になりこのままの状態やとしばらく就活できないし、もう一留とかいう最悪の事態が思い浮かび破れかぶれの状態に追い込まれた。もう、死のう、消えよう、となる。去年の就活中は常にこんな感じだったかも、久しぶりだなあの感覚、と今は思う。自分を見なきゃなくて、自分を晒さなきゃならなくて、そんなのは嫌で全てから逃げたくなった。もう、死しか見えなくなる。逃避の道しか開けない。

 この感覚は本当に嫌で、本当に死にそうだったのは2時間くらいだったと思うけど、もう嫌だ。でも、そんな時の処方箋をブログに書いておいたなあ、と思って見返してみた。その通り、ごちうさを見た。お腹が減っていたしラーメンを作った。すると、どうだ。幸福な気分に包まれ、中から色々なものに満たされ、眠くなってくるじゃないか。そして8時間くらい寝て、今日は就活は不安ではあるが、平穏な感じだ。

 これで分かった。自分は何とか変えられるし、コントロールできる。自分の性質を知り、精神の変化は幾千回を経るうちにパターンは分かってきた。だから、ネガティブへの対処は帰ることじゃない。コントロールすることだ。何回も何回も死の気に陥り、回避法を探る。それこそ、死に物狂いで。勿論、死んではダメだが。もう、これで今後どうすればいいか知ることが出来た。

 無理に直そうとしない。必ず時間が解決してくれる。睡眠は超大切だが、無理に寝ようとし、それに囚われると逆効果だ。いったん落ち着こう。

 とりあえず何か食べろ。

 絶対大丈夫だ。これからも頑張れ。

クソが

 なんなんやろうなあ人生って

 ポケモンは運負けばっかやし(勿論実力負けもあるが、、、)

 就活はやりたくないし上手くいきそうにもないしやりたくないし

 勉強もやってないしやらなあかんし

 何になりたいかとか何がしたいかとかそんなんないわ

 就職もさっさと終わってくれ

 やってられんでえ

 ゲームとかアニメとか楽しいことはいっくらでもあるけどさあ

 アニメは最高やけどさあ

 何かイライラするわあ

 

 

 まあこんな時もあるか

 明日からポケモンは止めよう

 運負けのイライラがヤバい

就活の指針

 今日、面談で気づいたこと、今後していくことをメモしておく。

 

 ・考えが足りない。言葉が足りない。伝える術が足りない。

   やりたいこと、仕事のこと、自分のこと、将来のこと、いくらでも話せるようになろう。面接は慣れだ、と思っていたが、話すストックがないといくら慣れても仕様がない。話す内容、伝える方法、話し方、その3つがそろって初めて面接が成り立つのだろう。もっともっと話せる内容を考えて、きちんと言語化できるようにならないと。

 

 といってもやりたいこと、、、特にない。べももう仕方ない。仮面だろうが建前だろうが堂々と話し続けられるようになるしかない。100%思ってなくても、20%くらい同意していることを話せばいいや。100%思ってるように見せればいい。

 

ああー試行錯誤の毎日。

また頑張るかー

初対面の人と話すコツ

 さっき、下宿の前をフラフラしていたら、同じとこに住んでいるという人から話しかけられた。その人が「堂々」を形にしたような人だったので、その人と話して分かった、初対面の人と話すコツを簡単に記しておこう。

 

・話の途中に俯かない

  目を逸らすのは別にいい。しかし、俯くのはダメだ。

・唐突に話すことになっても、自分について話が出来るネタを持っておく

  相手に自分という人間に興味を持ってもらう話、と言ってもいい。できれば多くの人が聞いてくれるであろう、面白い話を。あれば苦労しないが、、、。

・共通点を見出す

  共通の趣味や、出身地、専攻、興味とか。それがあれば話は続くだろう。がんばって聞き出す。自分の手札を広げまっくて、相手を探っていくのがいいみたい。

・つっかえない。はっきりと話す。

  初対面の人にちゃんと話すのは難しいんだよなあ、、、。就職説明会でも頑張って会社の人に話すようにしているが、つっかえずに、モゴモゴとならずに話せたことがない。

・朗らかに笑う。

  引きつらない。これ、大事。

 

 こんなもんですか。どれも難しい、、、。努力の日々は続く。